*

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。
通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。一週間分の汗を染み込ませた作業服、洗濯しても臭いが気になるときってありませんか。

つけおき洗いがわりと効果的です

臭いが気になる場合は、酸素系漂白剤を溶かした40~50℃前後お湯に1時間程度浸しておいてから通常のお洗濯をしてみてください。これだけでも随分臭いが落ちてくれます。漂白剤は粉末タイプの方がより効果的です。
首回りの頑固な汚れにも効果的です。
色落ちする場合がありますので、つけおきは作業服単独で行ってください。

*作業服の使用素材によって漂白剤が使用できない場合がありますのでお洗濯表示を確認して下さい

また、お鍋で10~15分位煮沸消毒をするという方法もありますが、布地が傷んだり縮んでしまう場合がるので注意が必要です。

空調服のお洗濯表示

空調服 ポリエステル製長袖ブルゾンのお洗濯表示は下記の通りです。

洗濯液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗える。洗濯用ネットを使用する。
塩素系漂白剤による漂白ができない。
アイロンは160℃を限度とし、中程度温度(140℃~160℃)であて布を使用して掛ける。
ドライクリーニングはできない。
絞ってはいけない。
日陰の吊り干しがよい。

空調服の洗濯マーク

関連記事

真夏の太陽

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼け

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

ガイアの夜明け~空調服を着用する様子

空調服メディア情報~「ガイアの夜明け」で紹介されました

「事実はニュースで、真実はガイアで」のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、 “過酷な現場を"ラク"にす

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

ベッドルーム

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。 そこで大きく関わってくるものが睡眠です

記事を読む

夏野菜

夏バテにならないために

日本の夏は高温多湿でとても過ごしにくく、 そして、それは年々ヒートアップしているように感じます。

記事を読む

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

空調服の電池

空調服のバッテリーとおススメの電池

空調服をご利用になる場合、小型ファンを作動させるために、 空調服リチウムイオンバッテリセット、また

記事を読む

夏以外も空調服

空調服は夏以外でも大活躍

夏の暑さ対策として大ヒットの空調服。取り付けられた小型扇風機が服の中に風を取り込み、暑さでかいた汗の

記事を読む

ペットボトル

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑