*

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。
そこで大きく関わってくるものが睡眠です。

睡眠不足になるとどうなるか

よく睡眠をとらないと集中力は思いのほか低下します。
また、体力が低下して、思うように動けなかったり、判断力が低下してトラブルを起こしたり、さらにイライラが人間関係のトラブルにまで発展させてしまうことも考えられます。

しかし、暑い夏は寝苦しく睡眠不足となりがちです。
よく眠れるように、夏の寝室環境を整えることが大切です。

夏の快眠温度と湿度

夏に快適な睡眠をとるためには、
温度は26~28℃、湿度は50~60%を目安にすると良いようです。
寝ている間、ずっとこの温度や湿度を保つのは難しいですが、
様々な工夫で快眠環境を作っていきましょう。
ベッドルーム

クーラーを上手に利用する

暑いからといってつけっぱなしで冷やし過ぎたり、
逆に節電を気にしすぎるのも体によくありません。
温度調整やタイマーを利用して快眠に役立てましょう。

除湿機能を利用する

暑くて寝苦しいときは、温度を下げるよりも湿度を下げた方が効果的です。
同じ温度でも、湿度が低い方が眠りやすくなります。
エアコンの除湿機能や別途除湿器等の設置も検討してはいかがでしょうか。

風を体に直接当てない

扇風機を利用することも効果的ですが、
直接体に当たらないように注意してください。体に負担がかかり、体力を消耗させてしまいます。
壁や天井に向けるように設置してみてください。

夏用の寝具がおススメ

最近では夏専用のクール寝具が大人気です。
アウトラストや接触冷感というようなワードも耳にしたことがあると思います。
サラサラな使用感や速乾性等が快眠のお手伝いをしてくれます。
夏の寝具アウトラスト

眠気を我慢せず昼寝や仮眠も

眠くなってしまったら我慢をせず、
15~20分、昼寝や仮眠をとってスッキリさせることも、
仕事の効率アップへつながります。
仮眠がとれる環境下で働いている場合は上手に利用することをおススメします。

夏によりよい仕事をするためのお手伝いとして、
気化熱を利用した空調服もおススメです。

関連記事

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

空調服サイズ早見表

空調服のサイズ早見表です。 写真入りでわかりやすく表示しましたので、是非ご購入の目安としてご覧くだ

記事を読む

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

ラジオ体操シルエット

暑さ対策・夏バテ対策に「ラジオ体操」

職場での朝のラジオ体操…朝からダルいとか、時間がもったいない等の意見もあるようで、現在では行う会社も

記事を読む

ペットボトル

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に

記事を読む

ゴーヤ

家庭でも会社でも夏の暑さ節電対策にグリーンカーテン

日本の夏は高温多湿で、年々厳しいものとなっています。 この暑さから逃れるためエアコンをフル活用した

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

空調服の電池

空調服のバッテリーとおススメの電池

空調服をご利用になる場合、小型ファンを作動させるために、 空調服リチウムイオンバッテリセット、また

記事を読む

気化熱と汗

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。 気化熱って何? 水が液体から気体に変わるとき、

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑