*

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。

気化熱って何?

水が液体から気体に変わるとき、熱が必要で、この熱の事を「気化熱」といいます。
汗をかいたまま、お風呂上りのまま、体を拭かないでいると体が冷えるのはこのためで、また、打ち水によって涼しくなるのもこの気化熱によるものです。

汗のしくみと種類

暑い環境の中や運動をして体温が上昇すると、
私たちは汗をかいて熱を外に逃がし、体温調整を行います。

温熱性発汗

このように、体温調整のために体全体にかく汗を「温熱性発汗」といいます。
生命維持に欠かせない、とても大切な機能で、汗が出ないと体温はどんどん上昇し、熱中症になり命の危険にもつながります。

この温熱性発汗とは別に、「精神性発汗」「味覚性発汗」と呼ばれる汗もあります。

精神性発汗

緊張や興奮した時、恥ずかしい時、驚いた時、ストレスを感じた時などに発汗し、手のひら、ワキの下、額、足の裏等特定の場所にかく場合が多いです。

味覚性発汗

味覚性発汗は、辛い物等を食べたときにかく汗のことで、特に顔や頭に目立って見られます。

汗

空調服は汗と気化熱を利用したもの

空調服はこの汗と気化熱を利用し、私たちに涼しさを提供してくれています。

空調服はファンで外部から取り込んだ空気を内部に送風し、
体から熱を奪って汗を蒸発させます。
熱を奪われた体は涼しさを感じます。

暑さで作業効率が下がらないようにするためにも、
空調服の活用をおススメします。

関連記事

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

空調服はこんな場所でも使用されています

暑い環境で効果を発揮してくれる空調服は、 働く現場ではもちろん、あらゆる場所で活躍しています。

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

夏野菜

夏バテにならないために

日本の夏は高温多湿でとても過ごしにくく、 そして、それは年々ヒートアップしているように感じます。

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

空調服の有効範囲

空調服の有効範囲

空調服は、汗をかくような作業をする時に着用するとより快適に感じます。仕事時での着用の他、家庭での家事

記事を読む

真夏の太陽

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼け

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

ガイアの夜明け~空調服を着用する様子

空調服メディア情報~「ガイアの夜明け」で紹介されました

「事実はニュースで、真実はガイアで」のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、 “過酷な現場を"ラク"にす

記事を読む

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑