*

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に多くの汗をかく夏は、水分補給を怠ると体内の水分や塩分のバランスが崩れ、熱中症の原因にもなってしまいます。夏になると何かと体調がすぐれないことが多くなりますが、体調を保つためにも水分補給はとても大切なことです。

一日にどれくらいの量を飲んだらいいの?

私たち人間の体の60~65%は水分でできています。
水分は体を循環して栄養分を体の隅々にまで届けたり、老廃物を尿として排泄したり、汗を出して体温を一定に保ったりと、重要な役割をしています。5%以上が失われると何らかの不調がおき始め、失われ続けると生命が危険な状態になります。
逆に、水分を多く摂り過ぎても腎臓に負担がかかってしまうため、飲料水での水分補給の量は1.5Lを目安にすると良いようです。

ペットボトル

やっぱりスポーツドリンクがいいの?

水分補給といっても、アルコールやカフィンの含まれるコーヒー等は水分としてはカウントできません。利尿作用があるため、逆に体内の水分を排出させてしまいます。のどが渇いたときにはビール!という方も多いと思いますが、水分補給の事を考えると要注意です。また、カロリーの高い甘いジュースや炭酸飲料も水分補給としては不向きです。
通常の生活の中でかく汗の量が少量の場合は、塩分があまり失われないため、水やお茶(ノンカフェインやカフェインレスのもの)での水分補給が一番です。しかし、大量に汗をかく場合は、水分と同時に塩分も補給しないとバランスが崩れてしまうため、両方一緒に摂取できるスポーツドリンクが最適です。

水分補給の効果的なタイミングは?

のどが渇いたと感じる前に水分補給をすることが大切です。
だからと言って、1日の分を一気に飲んでしまう、なんていうこともしないでください。胃に負担がかかり、夏バテの原因を作ってしまいますし、また、多過ぎで不要だと判断され、吸収されずに排泄されてしまいます。
1回200mlを目安にこまめにゆっくりと摂取するようにします。
何となく、思い出した時に飲むのではなく、定期的に摂取するように決めておくとよいですね。
通常の生活の中で摂取したいタイミングは、起床時、朝食時、午前10時、昼食時、午後3時、夕食時、入浴前、入浴後、就寝前です。
特に、睡眠時は思いのほか水分を排出していて体は水分不足に近い状態になっているので、朝一番の水分補給は重要です。

現場

夏の屋外での作業時は非常に汗をかきます。
熱中症の予防のためにも、気化熱を利用した空調服を着用したり、水分補給は必ずこまめに行うようにしてください。

関連記事

ゴーヤ

家庭でも会社でも夏の暑さ節電対策にグリーンカーテン

日本の夏は高温多湿で、年々厳しいものとなっています。 この暑さから逃れるためエアコンをフル活用した

記事を読む

空調服はこんな場所でも使用されています

暑い環境で効果を発揮してくれる空調服は、 働く現場ではもちろん、あらゆる場所で活躍しています。

記事を読む

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

空調服Q&A

空調服FAQ

空調服のよくある質問 空調服についてお客さまから寄せられるご質問とその回答をまとめたQ&A集です。

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

no image

空調服の価格について

空調服価格改定のお知らせ2015年4月24日 当ショップにご訪問いただきありがとうございます。

記事を読む

ガイアの夜明け~空調服を着用する様子

空調服メディア情報~「ガイアの夜明け」で紹介されました

「事実はニュースで、真実はガイアで」のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、 “過酷な現場を"ラク"にす

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

空調服の電池

空調服のバッテリーとおススメの電池

空調服をご利用になる場合、小型ファンを作動させるために、 空調服リチウムイオンバッテリセット、また

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑