*

夏バテにならないために

日本の夏は高温多湿でとても過ごしにくく、
そして、それは年々ヒートアップしているように感じます。
このような高温多湿の中、私たちの体は体温を一定に保とうとして必要以上に体力が奪われ、
食欲がなくなったり、体に不調が現れる「夏バテ」状態に陥ってしまいます。

夏バテしては仕事もはかどらない

夏バテしてしまうと、朝から体がダルく感じます。
出勤ラッシュがとてもひびきます。
何とか会社についても、何かやる気が出ません。
集中力もなく、すぐに疲れ、仕事が全くはかどりません。
疲労

夏バテを予防するためにできること

日ごろのちょっとした心掛けから、夏バテを予防したり解消したりすることが出来ます。

クーラーの温度に注意しましょう

クーラーの温度は、室内と外気温の温度差が少なくなるように設定するようにしましょう。
過度な温度差は体に負担がかかり、それを繰り返し続けていると体温調節機能が低下し、
気温の変化に対応できなくなってしまいます。
会社などでは、寒いと感じたときは着衣で調節したり、
温度設定を変えてもらえると良いですね。
会社全体で空調服を着用すると、暑い寒いを個人で調整できるので大変便利です。

しっかりと睡眠を取りましょう

睡眠不足では体力や疲労が回復しません。
一日の疲れをしっかり回復させるため、良い睡眠はとても大切です。
クーラーを付けっぱなしにして寝たり、直接風を体に当てて寝ることは、
体が休まらないだけでなく、かえって体力を奪ってしまうことにもなりかねないので控えたほうが良いです。
入浴にはリラックス効果があり、寝つきが良くなると言われているので、
シャワーだけで済ますのではなく、積極的に湯船につかることもおススメです。
そして、アウトラスト等の夏の寝具を上手に利用してみて下さい。

水分補給に気を付けましょう

暑い夏は汗で大量に水分やビタミン・ミネラルが失われるため、水分補給はとても大切です。
冷たい水分を摂取しがちですが、それでは胃の働きが低下し、ますます消化不良や食欲不振を招いてしまうため、なるべく温かい飲み物を少しずつ摂るように心がけましょう。
きゅうり・ナス・トマト等の夏野菜や、果物での水分補給も良い方法です。
夏野菜

夏バテに負けない体をつくっていきたいですね。

 
 
こちらの記事もおすすめです。

関連記事

no image

空調服の価格について

空調服価格改定のお知らせ2015年4月24日 当ショップにご訪問いただきありがとうございます。

記事を読む

ペットボトル

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に

記事を読む

空調ヘルメットで頭部も涼しく

安全対策として必要なヘルメット。ヘルメットは通気性があまり良くないため、装着しながらの作業は頭部が蒸

記事を読む

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

ラジオ体操シルエット

暑さ対策・夏バテ対策に「ラジオ体操」

職場での朝のラジオ体操…朝からダルいとか、時間がもったいない等の意見もあるようで、現在では行う会社も

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

ベッドルーム

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。 そこで大きく関わってくるものが睡眠です

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑