*

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。
そこで大きく関わってくるものが睡眠です。

睡眠不足になるとどうなるか

よく睡眠をとらないと集中力は思いのほか低下します。
また、体力が低下して、思うように動けなかったり、判断力が低下してトラブルを起こしたり、さらにイライラが人間関係のトラブルにまで発展させてしまうことも考えられます。

しかし、暑い夏は寝苦しく睡眠不足となりがちです。
よく眠れるように、夏の寝室環境を整えることが大切です。

夏の快眠温度と湿度

夏に快適な睡眠をとるためには、
温度は26~28℃、湿度は50~60%を目安にすると良いようです。
寝ている間、ずっとこの温度や湿度を保つのは難しいですが、
様々な工夫で快眠環境を作っていきましょう。
ベッドルーム

クーラーを上手に利用する

暑いからといってつけっぱなしで冷やし過ぎたり、
逆に節電を気にしすぎるのも体によくありません。
温度調整やタイマーを利用して快眠に役立てましょう。

除湿機能を利用する

暑くて寝苦しいときは、温度を下げるよりも湿度を下げた方が効果的です。
同じ温度でも、湿度が低い方が眠りやすくなります。
エアコンの除湿機能や別途除湿器等の設置も検討してはいかがでしょうか。

風を体に直接当てない

扇風機を利用することも効果的ですが、
直接体に当たらないように注意してください。体に負担がかかり、体力を消耗させてしまいます。
壁や天井に向けるように設置してみてください。

夏用の寝具がおススメ

最近では夏専用のクール寝具が大人気です。
アウトラストや接触冷感というようなワードも耳にしたことがあると思います。
サラサラな使用感や速乾性等が快眠のお手伝いをしてくれます。
夏の寝具アウトラスト

眠気を我慢せず昼寝や仮眠も

眠くなってしまったら我慢をせず、
15~20分、昼寝や仮眠をとってスッキリさせることも、
仕事の効率アップへつながります。
仮眠がとれる環境下で働いている場合は上手に利用することをおススメします。

夏によりよい仕事をするためのお手伝いとして、
気化熱を利用した空調服もおススメです。

関連記事

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

空調服Q&A

空調服FAQ

空調服のよくある質問 空調服についてお客さまから寄せられるご質問とその回答をまとめたQ&A集です。

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

気化熱と汗

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。 気化熱って何? 水が液体から気体に変わるとき、

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

真夏の太陽

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼け

記事を読む

ペットボトル

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に

記事を読む

夏野菜

夏バテにならないために

日本の夏は高温多湿でとても過ごしにくく、 そして、それは年々ヒートアップしているように感じます。

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

夏以外も空調服

空調服は夏以外でも大活躍

夏の暑さ対策として大ヒットの空調服。取り付けられた小型扇風機が服の中に風を取り込み、暑さでかいた汗の

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑