*

家庭でも会社でも夏の暑さ節電対策にグリーンカーテン

日本の夏は高温多湿で、年々厳しいものとなっています。
この暑さから逃れるためエアコンをフル活用したいところですが、
節電が叫ばれている今、会社等では特に強制的に空調が止められるところも多く、様々な暑さ節電対策が工夫されています。
そんな中、楽しくできる暑さ節電対策としてグリーンカーテンが注目されています。

グリーンカーテンって?

ゴーヤやアサガオなどのつる性の緑色の植物を育ててカーテンやシェードのように作る自然のカーテンの事。
見た目が涼しいだけでなく、遮光や蒸散により涼しさを体感でき、結果的に有効な暑さ対策、節電対策となります。

グリーンカーテン

グリーンカーテンの効果

グリーンカーテンには様々なメリットがあります。

日光を遮ってくれます

窓の外側やベランダに植えたつる性の植物は、張り巡らせたネットに絡みながらぐんぐん育ち、葉っぱが重なってできたカーテンは、夏の直射日光を遮り、室内の温度の上昇を防いでくれます。

温度を下げてくれます

植物には根から吸い上げた水分を葉から発散する「蒸散作用」があります。この蒸散による気化熱の作用により周りの温度を下げてくれるのです。この葉の間を通り抜けて冷やされた風は涼しさを運んで来てくれます。

省エネ・節電につながります

グリーンカーテンは、日光によって家の壁やガラスが熱くなるのを防いでくれるため、部屋の中の温度上昇を防ぐことができます。温度が低く保たれた部屋はその分エアコン等の消費電力を抑えることができます。

新鮮な酸素を作り出してくれます

植物は光合成により二酸化炭素を吸収して酸素を排出します。グリーンカーテンのある場所はいつも新鮮な空気を感じることができます。

花の観賞や実の収穫を楽しむことができます

グリーンカーテンに向いている植物には、アサガオのように花をつけるものや、ゴーヤやキュウリのように実をつけるものがあります。グリーンカーテンを育てていくと、涼しいだけでなく、花を観賞したり、実を収穫することもできます。収穫した実を食べることも楽しみになります。

グリーンカーテンにおすすめの植物

グリーンカーテンといえば一番人気はゴーヤです。暑さや乾燥にもに強く勢いよく育ちます。ゴーヤの葉はその形や明るい色がグリーンカーテンにピッタリです。ゴーヤの実も疲労回復や食欲増進の効果が期待できるのでおススメです。

ゴーヤ

ご家庭や、会社単位で楽しみながら出来る暑さ節電対策、グリーンカーテン。
環境が整っていれば是非挑戦してみてはいかがでしょうか。
空調服も気化熱を利用して暑さ節電対策が出来る涼しい作業服です。
仕事着やガーデニングにもおススメです。

関連記事

ベッドルーム

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。 そこで大きく関わってくるものが睡眠です

記事を読む

ガイアの夜明け~空調服を着用する様子

空調服メディア情報~「ガイアの夜明け」で紹介されました

「事実はニュースで、真実はガイアで」のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、 “過酷な現場を"ラク"にす

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

梅雨のジメジメ

涼しい作業服 空調服は梅雨時期のジメジメにも対応

5月、6月の頃は、冷房を入れる程ではないけれど暑い日も多く、特に梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメと体

記事を読む

no image

空調服の価格について

空調服価格改定のお知らせ2015年4月24日 当ショップにご訪問いただきありがとうございます。

記事を読む

空調服Q&A

空調服FAQ

空調服のよくある質問 空調服についてお客さまから寄せられるご質問とその回答をまとめたQ&A集です。

記事を読む

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

夏以外も空調服

空調服は夏以外でも大活躍

夏の暑さ対策として大ヒットの空調服。取り付けられた小型扇風機が服の中に風を取り込み、暑さでかいた汗の

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑