*

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、
丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。

当店でお取り扱いしている空調服は3種類

3種類ある空調服は、それぞれ違う生地を使用しています。
「ポリエステル100%」「綿100%」「綿・ポリ混紡」の生地が使われていますが、それぞれに良いところがあります。
生地

ポリエステル100%

安価で世界で最も生産量の多い繊維とされ、
作業着にも多く使用されています。
強度や耐久性にも優れ、酷使される作業の現場でも安心です。
クシャッと丸めて置いておいても、シワになりにくく、型崩れもしにくいので扱いがとても楽です。
すぐ乾き、縮みにくいのですが、
吸湿性や通気性はあまりよくありません。
汚れると落ちにくく、静電気が起こりやすい短所も見られます。

空調服P-500BNは、東レのポリエステル「H2OFF」という素材が使用されています。
H2OFFは、優れた耐久性を持った素材です。
コーティング剤や接着剤を使用せずに、高い防水性、撥水性を実現させています。
ノンコーティングなので、透湿性にも優れています。
お手入れも簡単です。

綿100%

綿は何と言ってもその肌触りが心地よいのが特長です。
柔らかくさらっとした感触を持っています。
吸水性・吸湿性にも優れていて、夏は特に涼しく着られます。
そして、火や熱に強いため、火気を扱う作業現場では綿100%の作業着が必須とされます。
ただし、縮みやすくシワになりやすい短所も持っています。

綿・ポリ混紡

ポリエステルの長所と綿の長所を持ち合わせた優秀な素材です。
シワになりにくく、速乾性があり、
また、着心地や肌触りもよく、吸湿性や通気性も兼ね備えました。
手軽にお洗濯もでき、型崩れしにくく高級感のある空調服が実現しました。

空調服は、空気漏れの少ない生地がふさわしいため、ポリエステルが最も適した生地となりますが、
綿や綿・ポリ混紡の空調服でも、織り密度を上げて糸と糸の間隔を減らした高密度ブロードを使用して、
空気漏れを少なくしていますので安心してご利用いただけます。

ご購入はこちらからどうぞ

関連記事

空調服ご利用者様の口コミ・感想

年々多くの方にご利用いただいている空調服は、一度着用すると手放せない暑さ対策アイテムです。 特に、

記事を読む

ガイアの夜明け~空調服を着用する様子

空調服メディア情報~「ガイアの夜明け」で紹介されました

「事実はニュースで、真実はガイアで」のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、 “過酷な現場を"ラク"にす

記事を読む

空調ヘルメットで頭部も涼しく

安全対策として必要なヘルメット。ヘルメットは通気性があまり良くないため、装着しながらの作業は頭部が蒸

記事を読む

ブルゾンの小型ファン用穴

空調服の取扱いについて~着用前のセッティング

空調服を着用の際は正しいお取り扱いの上ご利用をお願いいたします。 空調服は、背中側の腰の部分に2つ

記事を読む

気化熱と汗

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。 気化熱って何? 水が液体から気体に変わるとき、

記事を読む

ペットボトル

特に夏の作業に大切な水分補給

梅雨入り前の5月頃から、こまめに水分補給をしましょうとメディアでも頻繁に聞かれるようになります。特に

記事を読む

空調服の有効範囲

空調服の有効範囲

空調服は、汗をかくような作業をする時に着用するとより快適に感じます。仕事時での着用の他、家庭での家事

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

真夏の太陽

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼け

記事を読む

空調服はこんな場所でも使用されています

暑い環境で効果を発揮してくれる空調服は、 働く現場ではもちろん、あらゆる場所で活躍しています。

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑