*

空調服の有効範囲

空調服は、汗をかくような作業をする時に着用するとより快適に感じます。仕事時での着用の他、家庭での家事仕事やガーデニング、ウォーキング、釣り、ゴルフ、スポーツ観戦等、様々な屋外シーンでも活躍していますが、空調服の冷却能力はその場の温度・湿度に影響を受けます。

空調服における温度・湿度と冷却能力の関係

空調服は、服に取り付けられた小型ファンの送風による1時間あたりの最大空調能力をキロカロリー単位で表示しています。この「キロカロリー」単位の表示は、人が作業を行う場合の1時間あたりの消費カロリーと対応させています。

安静時 約100kcal 洋服仕立て 約120kcal
歩行時(3km/h) 約200kcal 大工 約190~240kcal
歩行時(5km/h) 約260kcal 木びき 約450kcal

上の表のとおり、標準的な大人の場合、歩行時では約260キロカロリー、大工作業では190~240キロカロリーを消費するといわれていますが、500キロカロリータイプの空調服を着用すれば、これらの作業を行った場合でも十分な空調能力があるといえます。

但し、空調服は外気を服内に取り入れることによって空調効果を得る仕組みになっているので、着用場所の温度・湿度によって1時間あたりの最大空調能力は変化します。当ショップで表示している最大空調能力=500キロカロリー/時は、温度33℃・湿度50%を基準にして算定しています。
下のグラフは、各温度・湿度条件において空調服がどの程度有効に能力を発揮できるかを、わかりやすくゾーン別にまとめたものです。ご使用の際の参考にご覧ください。

空調服の有効範囲

  • Aゾーン
    木びきなどの重労働を行う場合でも、快適にお使いいただける温度・湿度条件です
  • Bゾーン
    大工作業や、時速5kmでの歩行等、比較的動きのある作業をする場合にも十分な能力を発揮します
  • Cゾーン
    安静時や軽作業を行うには十分な能力を発揮します
  • Dゾーン
    空調服を着用してもあまり冷却効果を得ることはできません
  • Eゾーン
    空調服を着用しても冷却効果を得ることはできません

関連記事

空調服はこんな場所でも使用されています

暑い環境で効果を発揮してくれる空調服は、 働く現場ではもちろん、あらゆる場所で活躍しています。

記事を読む

気化熱と汗

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。 気化熱って何? 水が液体から気体に変わるとき、

記事を読む

ゴーヤ

家庭でも会社でも夏の暑さ節電対策にグリーンカーテン

日本の夏は高温多湿で、年々厳しいものとなっています。 この暑さから逃れるためエアコンをフル活用した

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

真夏の太陽

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼け

記事を読む

空調服の洗濯表示

作業服の臭いが落ちないときは

毎日毎日汗を吸い取っている作業服。 通常は一週間に1回、会社が休みの前に家に持ち帰り洗濯をします。

記事を読む

空調ヘルメットで頭部も涼しく

安全対策として必要なヘルメット。ヘルメットは通気性があまり良くないため、装着しながらの作業は頭部が蒸

記事を読む

生地

空調服に使用されている生地

作業服はそれなりに酷使されるので、 丈夫でお洗濯が簡単な素材が望ましいです。 当店でお取り扱いし

記事を読む

空調服Q&A

空調服FAQ

空調服のよくある質問 空調服についてお客さまから寄せられるご質問とその回答をまとめたQ&A集です。

記事を読む

空調服サイズ早見表

空調服のサイズ早見表です。 写真入りでわかりやすく表示しましたので、是非ご購入の目安としてご覧くだ

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑