*

屋外での作業に注意!日焼けのトラブル

夏になると、小麦色の肌の人達が増えてきます。日に焼けた肌は健康的なイメージと思われがちですが、日焼けは様々なトラブルの原因となってしまいます。

日焼けは紫外線による火傷

日焼けは、太陽光に含まれる紫外線(UV)による、いわゆる火傷です。
日に焼けると、肌は赤くほてったり、黒くなったり皮がむけたりします。
紫外線は人の目に映らない光で、目に見える光である可視光線よりも波長が短く、その波長の長さによって3種類に分かれます。

紫外線A波(UVA)

地球上に届く紫外線のうちのほとんどがこの紫外線A波(UVA)で、
非常に量が多く波長が長いため、雲もガラスも通過し、部屋にいても届いてしまいます。知らず知らずのうちに浴びてしまい、いつの間にか日焼けしていることも多いです。
表皮の奥の奥まで届いてしまうため、コラーゲン等も破壊され、シミ、くすみだけでなく、シワやたるみ等を引き起こしてしまいます。

紫外線B波(UVB)

紫外線B波(UVB)は、地球上に届く量も少なく波長も短いのですが、
そのエネルギーが強く、浴びてしまうと短時間でも日焼けを起こしてしまいます。海や山などではこのUVBでの日焼けに気を付けなければなりません。
シミ、ソバカス、くすみ、さらには皮膚がんの原因になってしまう場合もあります。

紫外線C波(UVC)

紫外線C波(UVC)は紫外線の中で最も強いエネルギーを持っています。オゾン層で吸収されるため、地球上にはほとんど到達しませんが、もしオゾン層が破壊され紫外線C波(UVC)が地球に届くようになってしまうと、私たちは生きていられなくなってしまいます。しかしオゾン層破壊はほぼ全世界で生じていて、私たちの健康や気候への影響等が懸念されています。

日焼けの種類

肌が日光にさらされると、赤くなるだけで黒くはならない人がいたり、すぐに黒くなってしまう人など様々です。
この赤くなる日焼けを「サンバーン」、黒くなるに焼けを「サンタン」と呼んでいます。

赤い日焼けサンバーン

このサンバーンは紫外線B波(UVB)によっておこります。皮膚に炎症が起き、肌が火照ったりヒリヒリと傷みます。ひどいものは水ぶくれになったり、パンパンに腫れあがったようになる場合もあります。軽いものであれば数日経つと痛みも消え、元の肌色に戻ります。

黒い日焼けサンタン

サンタンは紫外線A波(UVA)によるものです。赤い日焼けサンバーンが消失すると肌が色素沈着を起こして現れ、数週間から数ヶ月続きます。

真夏の太陽

健康的には見られても、日焼けは肌に良いことはありません。
外に長時間いなければならない時は、出来るだけ日焼け止めを使用したり、肌を覆うアイテムを使用したりして、害になる日焼けを予防していきたいです。
屋外での仕事の場合、太陽がギラギラしていても暑いので袖の短い作業服を着用しがちですが、長袖の空調服でしたら、涼しく、日焼けも防止できるのでおススメです。

 
 
こちらの記事もおすすめです。

関連記事

夏以外も空調服

空調服は夏以外でも大活躍

夏の暑さ対策として大ヒットの空調服。取り付けられた小型扇風機が服の中に風を取り込み、暑さでかいた汗の

記事を読む

ベッドルーム

良い仕事は良い睡眠から

良い仕事をするためには、その仕事に集中しないといけません。 そこで大きく関わってくるものが睡眠です

記事を読む

空調服ご利用者様の口コミ・感想

年々多くの方にご利用いただいている空調服は、一度着用すると手放せない暑さ対策アイテムです。 特に、

記事を読む

no image

空調服の価格について

空調服価格改定のお知らせ2015年4月24日 当ショップにご訪問いただきありがとうございます。

記事を読む

気化熱と汗

空調服のしくみ気化熱と汗

空調服の涼しさは、気化熱を利用しているものです。 気化熱って何? 水が液体から気体に変わるとき、

記事を読む

空調服の電池

空調服のバッテリーとおススメの電池

空調服をご利用になる場合、小型ファンを作動させるために、 空調服リチウムイオンバッテリセット、また

記事を読む

注意!

空調服 安全上のご注意

空調服をご利用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しいお取り扱いをお願いいたします。 特に注

記事を読む

熱中症対策に空調服

熱中症は、暑さ等により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、発汗機能や循環機能が乱れたりすることで起

記事を読む

空調服はこんな場所でも使用されています

暑い環境で効果を発揮してくれる空調服は、 働く現場ではもちろん、あらゆる場所で活躍しています。

記事を読む

空調服サイズ早見表

空調服のサイズ早見表です。 写真入りでわかりやすく表示しましたので、是非ご購入の目安としてご覧くだ

記事を読む

  • Amazon Payロゴ+テキストパーツ

  • ご購入はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑